SAP Basisコンサルタントとは!? 求められるスキルセットや業務内容を解説

SAP Basisとは、SAPシステムの土台を支えるミドルウェア・インフラを担当する領域のことです。
そのため、SAP Basisは、SAPを動かす上でなくてはならないポジションです。

しかし、SAP Basisに関する情報はインターネット上にほとんど公開されていません。
本記事では、SAP Basisとはどういう役割なのか、SAP Basisになるためのスキルセットについて解説していきます。

目次

SAP Basisコンサルタントとは!?

まずSAP Basisとはどういうポジションなのかをお話します。
SAP Basisとは、SAPの土台を支えるミドルウェア・インフラ領域の担当のことです。
そのため、SAP Basisコンサルタントは、他のアプリコンサルタントのような業務コンサルタント・ITコンサルタントとは異なり、テクノロジーコンサルタントという位置づけになります。

SAP Basisコンサルタントになるには、SAP BasisエンジニアとしてBasis業務を経験した後になるのが一般的です。

また、SAP社が発行するSAP Basis認定コンサルタント資格があります。
認定資格を取得することにより、SAP Basisに関する知識を包括的に身につけられ、業務をスムーズに進めやすくなりますが、必ずしも認定資格の取得は必須ではありません。

SAP Basisエンジニアとの違い

SAP Basisコンサルタントになるには、まずはSAP Basisエンジニアの経験が必要です。
では、SAP BasisコンサルタントとSAP Basisエンジニアは何が違うのでしょうか?

SAP Basisエンジニアは、SAPシステムの構築、バックアップ・監視・ジョブ・DBパフォーマンスチューニング・OS・ハードウェア・ネットワークなどの知識、トラブルシューティングのスキルなど、実業務の知識・スキルが必要とされます。

一方で、SAP Basisコンサルタントは、実業務の知識・スキルに加え、顧客システムの課題分析・ソリューション検討、システムアーキテクチャ検討など、要件定義・設計ができる知識・スキルも要求されます。
また、SAP Basisエンジニアの管理など、プロジェクトマネジメントスキルも必要です。

SAP Basisコンサルタントの調達難易度は高い

SAP Basisコンサルタントは、SAPのミドルウェア部分に加え、オンプレミス・クラウドなどのインフラ知識といった幅広いスキルが要求されます。
幅広い知識・スキルが必要とされているにも関わらず、Basisとしての知識をつけるための教材やWebでの公開情報が少ないため、個人でのスキルアップが難しいのが実状です。

また、2027年に向けてS/4HANAへの移行プロジェクトが各SAP導入済企業で立ち上がってきており、SAP Basis人材自体が不足している状況であるため、ミドルウェア・ハードウェアに詳しい経験豊富なSAP Basisコンサルタントを調達することはより一層難しくなってきています。

SAP Basisコンサルタントの業務内容

前章で、SAP Basisコンサルタントには、SAPシステムの構築、トラブルシューティングスキルなどの実業務に加え、要件定義・設計のスキルも必要と話しました。
では、実際にSAP Basisコンサルタントの業務とはどのようなものか、見ていきましょう。

SAPシステムに関わるシステム構築

SAP Basisコンサルタントの代表的な業務として、「システム構築」があります。
基本的にはSAP Basisエンジニアにシステム構築を実施してもらうことが多いですが、場合によってはSAP Basisコンサルタントも実業務をする必要があります。

システム構築では、具体的に以下のような業務があります。

  • インストール作業
  • システムランドスケープ設計・設定
  • クライアント設計・設定
  • 移行設計・設定
  • パラメータチューニング(SAP・DB・OS)
  • バックアップ/リカバリー設計・設定
  • ジョブ設計・設定
  • 監視設計・設定
  • DBパフォーマンスチューニング
  • インフラ設計・設定
  • インターフェース設計・設定
  • アーカイブ方針検討
  • セキュリティポリシー策定
  • 運用体制検討

SAPのみならず、周辺システムも含め、同等の運用レベルになるように会社システム全体を把握しながら、システムアーキテクチャ検討、設計・設定をしていく必要があります。

SAPシステムのマイグレーション/ アップグレードの計画・推進

SAP Basisコンサルタントは新規SAPシステム構築案件に加え、SAPシステムのマイグレーション(移行)、アップグレード案件も数多く担当します。

SAPシステムのマイグレーション・アップグレードをするにあたって、どういうリスクがあるか・どれくらいの期間でできるか・どういうアプローチがベストかといった計画の策定や、実際のプロジェクトの推進としてプロジェクマネージャとしての役割も担う必要があります。

2027年のS/4HANAへのクラウド移行案件が多くなってきています。
ミドルウェア・ハードウェアの観点から、移行にどういうリスクがあるか、どういう作業が必要か洗い出す必要があります。
そのため、SAP Basis領域に精通していないとプロジェクト遂行が難しい案件が増えてきています。

SAP周辺システムを含めたシステム運用に関するコンサルティング

SAPシステムは、基幹システムであるため、企業の中心業務をカバーするシステムです。
そのため、SAPシステムを導入するということは、周辺システムとの連携が発生します。
周辺システムは、企業の中心のSAPシステムに合わせ、バックアップ計画やリカバリープランを策定する必要があります。
そのため、SAP Basisコンサルタントは、SAPシステム+周辺システムも考慮したシステムアーキテクチャの検討が必要となってきたり、周辺システム保守担当者からシステム運用に関するアドバイスを求められたりします。

SAP Basisコンサルタントに求められるスキルセット

ここまでで、SAP Basisコンサルタントの業務内容から、幅広いスキル・知識が必要であることを話してきました。
ここからはもう少し具体的に、どういったスキル・知識が必要とされるかを話していきます。

SAP Basisに関する知識や業務経験

SAP Basisコンサルタントにとって必要なことは、

  • SAP Basisの知識
  • SAP Basisの業務経験

の2つです。

SAP Basisの知識は、SAP認定資格を取得することにより、SAP Basisの知識を包括的に習得することが可能です。
SAP認定資格とは、SAP社が認定しているベンダー資格のことで、資格を持っていることで顧客への信頼につながったり、就職・転職で有利になります。
SAP Basisの資格は、Netweaver、DB(SAP HANA)、マイグレーションなどの種類があります。
資格の種類は、こちらのSAP社のURLに最新情報が載っています。

SAP Basisの業務経験は、SAPインストール、クライアント管理、移送管理、権限管理、ユーザ管理、パラメータチューニングなど、アプリメンバー・ユーザがSAPを動かす土台を支えるための全体的な業務経験が必要とされます。
また、導入後は保守運用をしつつ、運用改善提案などをすることもあります。

SAP以外のシステム運用に関する知識や業務経験

SAP Basisコンサルタントは、SAPのことのみならず、ミドルウェア・インフラなどIT全般の知識や、ITILなどのシステム運用知識・業務経験も必要とされます。

業務内容の章でも述べたとおり、SAPシステムは会社の中心業務を担うシステムであるため、SAPシステムと周辺システムの連携を考慮する必要があります。
そのため、周辺システムを含めたシステム設計・運用設計をしていく業務をする必要があるため、SAP Basisの運用を経験している人材が求められます。

また、今後は2027年のS/4HANAへの移行プロジェクトが増加してくることが予想されるため、特にクラウドに関する知識・経験があると、市場価値が高まります。

クライアントのビジネス環境に関する知識

求められるスキルセットの中で、見落とされがちなのが、「クライアントのビジネス環境に関する知識」です。
細かいビジネスに関する知識は不要ですが、ある程度知っておくとSAP Basisコンサルタントとして、顧客の信頼も得られ、仕事がしやすくなります。

具体的に言うと、金融業と製造業では、セキュリティやリカバリープランに関する考え方が異なります。
金融業では言わずもがな、セキュリティ対策が重要です。
さらに、ハードウェア・ネットワークの冗長化、オンラインバックアップなど、システムを止めてはいけない考え方のため、それに沿ったシステム設計が必要になります。
一方で製造業は、工場のメンテナンスがあるため、夏休みなどは長期休暇があります。
そのため、バックアップ保管期間を最大9日間にしておくなどの考慮が必要です。

少しクライアントのビジネス環境の知識があるだけで、最適なシステム設計の提案をしやすくなり、クライアントとの会話もスムーズになるので、知っておいて損はありません。

SAP Basisコンサルタント育成はグランパスコンサルティングのトレーニングをご活用ください

SAP Basisコンサルタントは、SAPのことに加え、ミドルウェア・インフラや周辺システムのことまでカバーする知識とスキルが必要とされます。
そのため、優秀なSAP Basisコンサルタントは育成の難易度が非常に高いです。

グランパスコンサルティングでは、これまでSAP業界で培ってきたノウハウと実績を基に、SAP Basisコンサルタントのトレーニングを行っております。
SAP Basisコンサルタントとしてスキルアップするためのトレーニングマテリアルを体系的に取り揃えていますので、ぜひ弊社のトレーニングを利用してみてください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる