SAPジョブを一括で保留/保留解除する方法

システムメンテナンスやアップグレード時にすべてのジョブを停止したい!ということはありませんか?

このような場面ではJP1などのジョブツール経由で実行されるSAPジョブに対して保留をかけますが、トランザクションコード:SM36で定期的にスケジュール実行されるSAPジョブはそれだけでは停止されないため、歯がゆい思いをすることがあると思います。

本記事では、SAP Note 79424 – How do BTCTRNS1 / BTCTRNS2 work? に記載されているSAPジョブを一括で保留/保留解除する方法について解説していきます。

目次

SAPジョブ一括で保留/保留解除する方法

SAPジョブを一括で保留/保留解除する方法について詳しく解説していきます。
詳細についてはSAP Note 79424 – How do BTCTRNS1 / BTCTRNS2 work? をご確認ください。

下記の記事では、SAP Basisがよく使うトランザクションコードの一覧を解説していますので、合わせてご確認ください。

SAPジョブ保留:BTCTRNS1

SAPジョブを一括で保留にする方法は、トランザクションコード:SE38からプログラム:BTCTRNS1を実行します。
上記プログラムを実行すると、テーブル:TBTCOでステータス:S(リリース済)になっているSAPジョブがステータス:Z(リリース済/保留)の状態に変更されます。

SAPジョブ保留解除:BTCTRNS2

SAPジョブを一括で保留解除する方法は、トランザクションコード:SE38からプログラム:BTCTRNS2を実行します。
上記プログラムを実行すると、テーブル:TBTCOでステータス:Z(リリース済/保留)になっているSAPジョブがステータス:S(リリース済)の状態に変更されます。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる