S/4 HANAは開発者キーが不要!?

本記事ではS/4 HANAから開発者キーのサポートが変更(SAP Note 2309060 – The SSCR license key procedure is not supported in SAP S/4 HANA)となった件について解説していきます。

目次

開発者キーとは

開発者キーとは、リポジトリオブジェクトを登録・変更する場合に必要となるキーのことです。

  • 開発者がSAP Basisに依頼し、SAP BasisがSupport Portalで開発者キーを取得します
  • テーブル「DEVACCESS」に格納されます
  • クライアント非依存で、インストール番号とユーザ名に依存します
  • ライセンス料に影響しません

S/4 HANAから開発者キーが不要

S/4 HANA以前はリポジトリオブジェクトを登録・変更する場合は開発者キーが必須でした。

しかし、SAP Note 2309060 – The SSCR license key procedure is not supported in SAP S/4 HANA に記載されている通り、S/4 HANAからは開発者キーが不要になりました。

開発者以外の開発を防ぐ3つの方法

S/4 HANAから開発者キーが不要となったことで、開発者以外がリポジトリオブジェクトを作成する可能性があります。
開発者以外の開発を防ぐ方法は全部で3つあり、下記の記事で詳細に解説していますので、そちらの記事を参照ください。

【開発者以外の開発を防ぐ3つの方法】
 ①開発者権限で防ぐ
 ②トランザクションコード:SCC4で防ぐ
 ③トランザクションコード:SE06で防ぐ

リポジトリオブジェクトの登録・変更を監視する

開発者以外の開発を防ぐ3つの方法について解説しましたが、どの方法でも完全に防ぐことはできないため、トランザクションコード:SE01で開発者以外がリポジトリオブジェクトを登録・変更していないか監視することをオススメします。
リポジトリオブジェクトを登録・変更した場合は必ず移送依頼が取得されます。

故意にリポジトリオブジェクトを登録・変更するプロジェクトメンバーはいないと思いますが、誤って変更してしまう可能性があるため、今回ご紹介した方法で開発を防ぐ・監視するようにしましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる