システム間でテーブルを比較する方法

今回から全3回に渡ってシステム間の比較方法についてご紹介していきます。
本記事では、その第一弾として、システム間でテーブルを比較する方法について解説します。

目次

システム間でテーブルを比較する方法

運用保守をしていると、開発機でテーブルエントリを追加し、検証機・本番機に移送することも多いかと思います。
今回ご紹介する方法を使用すると、開発機と検証機・本番機でテーブルエントリに差分が無いか比較することができ、移送結果確認の方法としても活用することができます。
それでは、システム間のテーブル比較方法について見ていきましょう。

トランザクションコード:SCMP

システム間でテーブルを比較する方法はトランザクションコード:SCMPを実行することです。

本機能の実行手順は下記の通りです。

 1.比較対象のビュー/テーブル名を入力
 2.比較対象システムのRFC宛先を入力
 3.「比較」ボタンを押下

また、本機能は下記の2つのメリットがあります。

1.差分の有無だけを確認することができる
  差分のみ表示を選択することで、差分が発生している箇所に絞って確認することができます。
  どちらのシステムにのみ存在するのか、両方のシステムに存在してどこが違うのか一目で確認することができます。

2.選択条件を指定できる
  テーブル全体の比較だけでなく、条件に合致したレコードに絞って比較することができます。

下記の記事では、SAP Basisがよく使うトランザクションコードの一覧を解説していますので、合わせてご確認ください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる