SAPコンサルタントとは!? 仕事内容・年収・将来性を徹底解説!

SAP ERP製品の導入や運用サポートをするSAPコンサルタントは、2027年問題の影響で人手不足が懸念されています。
本記事では、SAPコンサルタントの仕事内容や年収、将来性について詳しく解説します。

>>SAPフリーランス専門SAP高単価案件紹介サービス

目次

SAPコンサルタントとは?

SAPコンサルタントとは、SAP ERPパッケージの導入や運用に関してコンサルティングを行う仕事です。
クライアントの経営改善のため、SAPシステムの導入から運用までマネジメントします。

SAPシステムの導入コンサル業務

SAPコンサルタントの導入コンサル業務について解説します。
SAPシステムは、業務に必要な機能がパッケージ化されたソフトウェアです。
SAPコンサルタントは、導入を行うクライアントの業務内容やニーズをヒアリングし、機能を追加開発する必要があるかどうかを見極めます。
要件定義やソリューション提案、プロジェクトの進捗管理なども導入コンサルの業務内容です。

SAPシステムのカスタマイズ業務

SAPシステムには豊富なテンプレートが用意されており、そのまま利用できます。
ただし、企業の業務フローや業務形態にあわせて最適化するには、モジュールのカスタマイズが必要です。
カスタマイズを行うことで、クライアントの業務改善と経営の効率化につながります。

しかし、カスタマイズを行うことで、バグや不具合の原因となることもあり、ときにはアップデート対応ができないこともあります。
そのため、カスタマイズではなくテンプレートで対応できないかなどを見極める力が重要です。

SAPシステムのサポート・保守

SAPシステム導入後の運用サポートや保守も、SAPコンサルタントの重要な仕事です。
システムが正常に動作するよう運用をサポートし、不具合が起きた場合はユーザーへのサポート対応も実施します。
また、システムアップデートを行うこともあります。

SAPコンサルタントとSAPエンジニアの違い

前述のとおり、SAPコンサルタントは、SAPシステムの導入や運用サポートなど、コンサルティングやマネジメントの業務を行う仕事です。
それに対し、SAPエンジニアとは、クライアント企業に最適なモジュールの開発や、アドオンを開発する仕事です。

SAP ERPはパッケージソフトであるため、そのまま導入して利用できます。
しかし、多くの企業では独自のワークフローや社内ルールが存在するため、最適化した上で導入することが一般的です。
そのため、SAPエンジニアはSAPコンサルタントと連携し、カスタムモジュールやアドオンの開発を行います

SAPコンサルタントの平均年収

SAPコンサルタントの平均年収は600万円です。
SAP認定コンサルタント資格や、SAPエンジニアとしての開発経験、SAPのプログラミング言語「ABAP」の知識量などで大きく変動します。

SAPコンサルタントのやりがい

IT系のコンサルタントでは、花形であるSAPコンサルタントですが、どのようなやりがいがあるのか詳しく解説し、SAPコンサルタントの魅力をご紹介します。

SAP専門のコンサルタントとして特化できる

ITコンサルティングを行うには、SAPシステムだけでなくさまざまなソフトウェアに精通していなければなりません。
しかし、SAPコンサルタントは特定のSAPパッケージに特化することが可能です。
SAPシステムに特化することで、より高度な専門知識とスキルが身に付き、コンサルタントとしてのキャリアアップが目指せます。

クライアントが世界的な大手企業

SAPシステムは、グローバルな大手企業の基幹システムとして導入されていることも多く、海外への展開をサポートする機会があります。
世界的な大企業の経営戦略に深く関わり、最適なソリューションを提供し、経営課題を解決していく仕事はやりがいのある仕事です。
海外の開発者とコミュニケーションをとりながらグローバルな舞台で活躍できることは、SAPコンサルタントの大きな魅力です。

ビジネス視点で提案できる

SAPコンサルタントは、SAPシステムを利用してクライアントの経営課題を解決するという役割があります。
そのため、エンジニアよりも、経営やビジネスに踏み込んでクライアントと話し合います。
業務の標準化や業務ルールの策定などビジネス視点が求められる議題が多くあります。
ソフトウェアの導入だけでなく、クライアントとともに解決策を考えるという点において、エンジニアにはない大きなやりがいがあるといえます。

SAPコンサルタントの市場価値は高い

現在、主に利用されているSAP ERPのソフトウェアは、2027年にサポートが終了します。
多くの企業では、サポート終了に伴い、次世代製品への乗り換えを検討している状態です。
SAPソリューションを乗り換える際は、専門的な知識が求められます。
そのため、専門的な知識を持っているSAPコンサルタントや、SAPエンジニアの需要は高いまま推移すると予想されています。

SAPコンサルタントに求められる素質

SAPコンサルタントは、クライアントの潜在的な問題を見つけ、解決へと導く能力が求められます。
問題点をロジカルに分析し、効率よく解決するための思考が必要です。
また、クライアント企業の内部実態に深く触れる業務であることから、職業倫理意識を高く持つ必要があります。
さらに、SAPコンサルタントは、多くの人と関わるため、コミュニケーション能力が必要です。
とくに、相手の話を正確に聞く力は、問題を解決する上で不可欠な能力であり、人間関係を構築するためにも重要な能力です。

SAPコンサルタントになるための資格

SAP社の主催するSAPコンサルタント試験に合格すると、SAP認定コンサルタント資格を取得できます。
SAPコンサルタントの必須資格ではありませんが、転職やフリーランスとして活躍する際に役立つ資格です。
試験ではSAPソリューションの構築や設計、またはトラブルシューティングなどについての問題が出題されます。
SAPコンサルタントを目指す人はもちろん、一般のSEや基幹システムエンジニアの方が資格の取得を目指すことも少なくありません。

SAPコンサルタントとして就職する方法

SAPコンサルタントとして就職するには、SAP認定コンサルタント資格を取得し転職する方法と、独立しフリーランスのコンサルタントとして活躍する方法があります。
いずれの場合であっても、以下のような経験と実績を求められます。

  • 企業において事業者サイドでのERP導入・運用の経験がある
  • 基幹業務パッケージソリューションの構築・導入の経験がある
  • 企業の基幹システム業務における専門知識がある

SAPコンサルタントはフリーランスとして独立できる

SAPソリューションに関して深い知識とスキルがあれば、SAPコンサルタントとして独立しフリーランスで活躍することも可能です。

フリーランスとして独立するメリット

DX(デジタルトランスフォーメーション)の促進という背景もあり、基幹業務の一元管理が可能となるSAP ERPの需要は高まっています。
一方でSAPコンサルタントは、需要に対し不足している状況です。
ライバルが少ない状況でありながら、豊富に案件があるため、フリーランスとして独立しやすい環境だといえます。
また、SAPコンサルタントのフリーランス案件は、報酬が高い傾向があります。
案件によっては月単価で200万円を超えるものもあることが魅力です。

フリーランスとして独立するデメリット

企業やコンサルティングファームに所属していれば、プロジェクトが終了すると同時に次の案件にアサインされます。
しかし、フリーランスのSAPコンサルタントは、自ら案件を獲得しなければなりません。
通常業務を継続しつつ、営業活動も並行しなければ収入がなくなってしまいます。
また、フリーランスには有給休暇や保証などの福利厚生がありません。
プロジェクトに遅延が発生した際は、報酬の減額や契約解除などのリスクも負わなければなりません。

フリーランスのSAPコンサルタントとして案件を獲得する方法

フリーランスとして独立し、SAPコンサルタントの案件を獲得するには、主にふたつの方法があります。

まずは、コンサルティングファームに所属していた際の人脈を活用し、直接営業活動をする方法です。
コンサルティングファームの所属経験と豊富な人脈がある場合におすすめです。

つぎに、フリーランス向け案件紹介サービスを利用する方法です。
フリーランス向け案件紹介サービスを使えば、営業活動をしなくても案件を紹介してもらえます。
営業活動の手間を減らしたい方におすすめです。

>>SAPフリーランス専門SAP高単価案件紹介サービス

人手不足が予測されるSAPコンサルタント

2027年のサポート終了に対するアップデート需要に対し、SAPコンサルタントは人手不足が予測されています。
実績と経験の豊富なSAPコンサルタントの方は、独立してフリーランスとして活躍するチャンスです。

グランパスエージェントはSAPコンサルタントの案件を豊富に取り扱う、フリーランス向けの案件紹介サービスです。
プライムベンダー(大手コンサルティングファーム/SIer)に直接交渉し、非公開案件をはじめ厳選した案件のみを取り扱うグランパスエージェントが、フリーランスの皆様をサポートします。
稼働後も充実したアフターフォローをしており、安心して稼働していただけます。
まずはお気軽にご登録ください。会員登録はこちらから受け付けております。

>>SAPフリーランス専門SAP高単価案件紹介サービス

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次