トランザクションコード:SE16Hは超便利!

皆さんは、データを確認するとき、どのトランザクションコードを実行するでしょうか?
おそらく、多くの方はトランザクションコード:SE16Nと答えるのではないかと思います。

本記事では、トランザクションコード:SE16Nより便利な機能を持つトラザクションコード:SE16Hについて解説します。

目次

トランザクションコード:SE16Hとは

トランザクションコード:SE16Hについて解説する前にまずはトランザクションコード:SE16についてお話します。

トランザクションコード:SE16(データブラウザ)SAPコンサルタント・エンジニアが最も使用するトランザクションコードの1つで、指定したテーブルのデータを登録、変更、削除、照会することができます。

トランザクションコード:SE16はその後にトランザクションコード:SE16N(New)が誕生し、そして、トランザクションコード:SE16Nに更に機能を追加したトランザクションコード:SE16H(HANA)が誕生しました。

下記の記事では、SAP Basisがよく使うトランザクションコードの一覧を解説していますので、合わせてご確認ください。

トランザクションコード:SE16Hの便利機能3選

ここからはトランザクションコード:SE16Hの3つの便利機能について解説していきます。
トランザクションコード:SE16Hの機能についてもっと知りたい方はSAP Note 1636416 – CO-OM tools: Functions of transaction SE16H をご確認ください。

【その1】グループ機能

トランザクションコード:SE16Hで最も便利な機能がグループ機能です。
例えば、テーブル:MARA(品目マスタ)の品目タイプ別の件数をカウントしたいとします。

従来であれば、品目タイプに値を入力し、エントリ数を確認という方法で1つずつカウントするしかありませんでした。
トランザクションコード:SE16Hを利用すると、品目タイプのグループに✓を設定して実行するだけで、品目タイプ別の件数の内訳が一瞬で表示されます。

【その2】合計機能

例えば、テーブル:BSEG(会計伝票明細)の特定条件の借方金額の合計を算出したいとします。

従来であれば、テーブル:BSEGをExcelにダウンロードし、Excel上で合計するしかありませんでした。
トランザクションコード:SE16Hを利用すると、金額の合計に✓を設定して実行するだけで、合計金額を一瞬で計算し表示されます。

【その3】集計機能

例えば、テーブル:CDHDR(変更文書ヘッダ)の最後の文書番号が知りたいとします。

従来であれば、テーブル:CDHDRを全件表示し、末尾までスクロールして確認するしかありませんでした。
トランザクションコード:SE16Hを利用すると、文書番号の集計で最大(MAX)を選択して実行するだけで、最後の文書番号が一瞬で表示されます。
この他にも集計機能には平均(AVG)、MIN(最小)といった機能があります。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる